このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

製品

アプリケーション・ノート - HTML
マルチ・プログラミングの最適化: BeeProgシングル・ソケット・プログラマーのカスケード
BeeProg2/BeeProg2Cプログラマを使って手動操作でのマルチ・プログラミングが如何に簡単に解決出来るかを見て下さい。

大規模チップのプログラミングのためのワーク・スペースのための一般要件は信頼性と同様に手頃な価格での最大処理量の要素を含んでいます。 すなわち、可能な限り長い時間の問題無く動作することと同様に手頃な価格での最大処理量を意味すると思います。

今迄のギャング・プログラマーの基本的な問題は度々、中間量のチップのためにギャング・プログラマーを使用した場合、その価格とサポートされているチップの範囲の狭さがネックとなることがあると思います。 従来のギャング・プログラマーは少ないデバイスのサポート範囲ではあるが大量に長期間使用する場合には適していると思います。
しかし、プログラマブルチップのイノベーションの加速に伴って他のチップのプログラミングのためのアップグレードの必要性があります。こんな場合には今迄のギャング・プログラマーによく有る様なサポートに制限があったり、費用の掛るギャング・プログラマーに変わって、ユニバーサル・シングル・ソケット・プログラマーによるマルチ・プログラミングに一考の価値があると信じます。

複数のプログラマの必要なプログラミング・ソケットの数は特に個々のチップのプログラミングの時、チップ取り扱い時間に依存します。 その取り扱い時間はプログラマのソケットからのプログラムされたチップの取り外し、チップを置くことは別として識別ステッカーの付属、プログラマのソケットへのブランク・チップの挿入、および新しいプログラミング・サイクルの始まりを含んでいます。 複数のプログラマのソケットの最適数はシングルチップのプログラミングの時間とチップ取り扱い時間の間の比率します。。 取り扱い時間より短いプログラミング時間のチップの場合は、マルチソケット・プログラマの使用はお金の無駄とも言えます。20秒のプログラミング時間のチップの場合でプログラミング・ソケットの最適数は3-4だと言えます。マルチ・プログラミングであれば、必要に応じてより多くのソケットを持つことが出来ますので、経費の節約になると考えます。

また、デスクトップ・マルチ・プログラミングは並行して作業が出来ますので全てのチップが同時にプログラムされますのでギャング・プログラマーと同じだと言うことを言及させてください、 それは、ギャング・プログラマーではチップの入れ替えを中はプログラマーが動いていないことを意味します。(その時、オペレータはZIFソケットにチップを挿入しています。)。 対照的に、同時マルチ・プログラミング・システムですと各プログラマが独自に働いていますので効率的だと言えます。

そのような競合する要求事項は強力な多能なシングル・ソケット・プログラマBeeProg2BeeProg2Cのカスケードから成るプログラミング・ワークスペースによって完全に満たされます。 同じPCへのUSBインターフェースによる多くのBeeProg2/BeeProg2Cプログラマの接続はシングル・プログラマーとしての多くの数のデバイス・サポートと早いプログラミング速度で強力なマルチ・プログラミング・システムを構成します。 このように設計されたマルチプログラミングシステムで、必要に応じて柔軟にプログラミングソケットの数を選びます。 標準のギャング・プログラマーと比べて、各プログラマは独自(同時発生のマルチプログラミングシステム)に働いています。すなわち、他のプログラマー動作中でも他のプログラマーでプログラムされたチップを取り替えることができます。(それはプログラミング・ワークスペースでの生産性をさらに増強します)。

BeeProg_multi

BeeProg2/BeeProg2Cプログラマの実績は早いプログラミング時間と最適なプログラミング・スペースによる最適な量産プログラミングサイトです。

従って、或る意味でマルチ・プログラミングのための最適化は a BeeProg2/BeeProg2Cプログラマーのカスケードにあると考えます。